お問い合わせフォームとか作れるContact Form 7 プラグインの効果と使い方

スポンサーリンク

Contact Form 7はどんな効果があるのか?

概要

Contact Form 7はブログ訪問者が問い合わせを行うためのフォームを簡単に作成できるものです。
作成したメールフォームは固定ページなどに設置できます。

Contact Form 7の効果

  1. 問い合わせフォームを簡単に作成できる
  2. 複数のフォームを作成できるので用途により使い分けができる

使い方

プラグインをインストールする

「プラグイン」→「新規追加」
00-001

キーワードに「Contact Form 7」と入力して検索
→Contact Form 7と表示されたプラグインを「今すぐインストール」
14-001

インストールが完了するので「プラグインの有効化」
14-002

以上でインストールの完了です。

 

設定画面

「お問い合わせ」→「新規追加」
14-003

下図の設定画面が表示され、設定グループはフォーム、メール、メッセージ、その他の設定に別れています。
まず最初にタイトルを入力しましょう。
14-004.2

フォーム

記事や固定ページで表示されるフォームの入力項目を指定します。デフォルトでは「お名前」「メールアドレス」「題名」「メッセージ本文」のテキストボックスと「送信」ボタンが表示されるようになっていますので 必要に応じて項目名の修正を行います。

フォーム画面で様々な仕様のボタンを設置することができます。
今回はその中から問い合わせ区分を追加するための「チェックボックス」を作成します。
「チェックボックス」ボタンをクリックしてください。
すると下図が表示されるので必須項目にチェックを入れ、オプション欄に区分を改行入力します。
最後に「タグを挿入」クリックで本文にタグが挿入されます。
14-005

挿入されたタグに、他フォームと同様に項目名を追加入力します。
今回はチェックボックスで「お問い合わせ区分(必須)」を追加し、「メッセージ本文」部分を「お問合せ内容」に変更しました。
14-006

 

メール

ここでは「フォーム」で入力された内容を送信するメールアドレスや送信方法について設定を行います。

14-007.2

設定が完了したら「保存」をクリック→メールフォームが保存されます。

メッセージ、その他の設定

「メッセージ」と「その他の設定」タブはデフォルトのままでOKです。

 

利用方法

コードの確認

このメールフォームを利用するには、
保存ボタン押下後に表示されるコードを記事や固定ページに記述します。
(このコードは作成済みのメールフォーム一覧画面でも確認できます)

14-008

表示方法

実際に記事に記述し、表示してみましょう。
14-009

記事を作成したらプレビューで表示してみましょう。

14-010

テスト作業

作成したメールフォームに実際に入力し、送信してみましょう。
設定したメールアドレス宛に届いたメッセージを確認し問題がなければ運用開始可能です!!

 

編集・複製

作成したフォームは一覧画面で編集・複製ができます。
それぞれのボタンをクリックすると編集画面が表示されますので、修正を行い保存してください。

14-011

 

 

SHINYA.があなたに提供できる価値

私があなたに提供できる価値については、詳しくはこちらをご覧ください。

人生を一発大逆転させて最短で億万長者になる方法

人生を一発大逆転させて、爆発的に稼ぐのなら、僕は投資以外には今のところ思いつくものがありません。詳しくは下記記事を御覧ください。

宝くじなんて買ってる場合じゃねぇ!最短で億万長者になる方法

2017.06.07

セミナー講師依頼について

全国どこでも、セミナー講師致します。詳しくは、下記セミナー講師についてのリンク先より御覧ください。

SHINYA.公式LINE@

SHINYA.公式LINE@「自分の好きな事だけをして生きる」LINE通信はこちらからご登録お願い致します。
友だち追加
IDの場合は「@sef2576j」で検索してください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHINYA.

SHINYA.@金髪しゃちょー
高卒です。金髪です。でも、しゃちょーです。
可愛い娘がいます。人生毎日楽しくやってまーす。
たった一度きりの人生を、誰にも縛られず自由に生きるための情報発信をしていきます。