三峯神社の毎月1日だけ発売される白いお守り「白い氣守」の入手方法

スポンサーリンク

少し前ですが、6月1日に、パワースポットの秩父の三峰神社に行ってきました。

行った理由は、「白い氣守」のお守りをゲットするためです。

なんでもこのお守りは、浅田真央さんのお姉さんの浅田舞さんが、浅田真央さんにプレゼントした事で有名になったそうです。

三峰神社の話は5年前くらいに聞いたのですが、今回やっと初めて行くことができました。

行ってみて初めて気づいた事や、白いお守りの入手方法など、今後三峯神社に行かれる方のためになれば良いなと思い、記事を書きたいと思います。

午前2時に家を出発

午前2時に家を出ました。

え?何でそんなに早く行くの!?と思う方もいるかもしれませんが、三峰神社は毎月1日の日は、白いお守りこと白い氣守を入手するべく多くの人が訪れるため、大変混雑します。

皆さんほとんどが車で向かうため、駐車場には全ての車が入りきらないため、三峰神社へ行く道が大渋滞するとの情報を事前に知っていたので、今回は朝の2時に家を出発して、朝の4時頃に三峰神社到着予定で予定を組みました。

三峰神社の人気を舐めすぎていた

今回は僕を含め、僕の母と叔父の3人で行ってきました。

母と叔父は過去にも三峯神社に行っているので、混雑状況など、詳しいことを知っていました。

それで叔父が運転する車で行ったのですが、道中車内で、

「念のため早めの午前2時に家を出たけど、これだけ早く着けば大丈夫だろう」

なんて話をしていました。

ところが、三峯神社に近づくにつれ、夜中にも関わらず、どんどん後続車が現れ、どう考えても三峰神社に向かっているとしか考えられません。

次第に焦りも感じていたのですが、まぁ大丈夫だろうと思っているのもつかの間、三峯神社まであと2.2kmという看板のところより先に車の列が・・・

え?ここまで車の列があるって事は、2.2km車が繋がっているということ?

近くに同じく、三峯神社が目的で来ている人がいたので聞いた所、ここから2.2km先の神社の駐車場の所まで車の列は繋がっているとのこと。

まじか・・・

こんなに人がいるのか・・・

母も叔父も、数年前に来た時よりも、待っている人が増えたとのこと。

ちなみに朝の4時でこの車の列の長さ・・・

想像以上に三峰神社は大人気でした。

正直、三峯神社を舐めていましたね。。。

 車を停めて歩いたほうが早い

最初は車の中にずっと待機していたのですが、車で神社に向かうためには、先に駐車場に車を入れている人達が参拝を終えて車を出さないと、次の人が駐車場に車を入れることができません。

2.2kmも車が繋がっていて、更に後ろもずっと車が繋がっています。

参拝を終わるのを待っていたのだと列の長さから考えて、午後までかかってしまうような気がしました。

そこで、山道の脇に車を停められるいくつかのスペースがあったので、そこに車を停めて、2.2kmの山道を歩くことにしました。

車で駐車場が空くのを待っているより、歩いていった方が確実に早く神社に着けます。

歩いて三峰神社にいく場合は近道を利用すべし

歩いていく場合、神社に向かう途中、左側にこのような看板が見えてきます。

ここから神社に向かったほうが近道です。

上に登るまでは大変ですが、登った後は神社までしばらく平坦の道です。

この看板を見落としてしまう人も多いみたいなので、よく注意して左側を見ていてください。

朝の7時から白い氣守の整理券配布開始

白い氣守を手に入れるには、まず最初に整理券をもらわなければなりません。

整理券は、朝の7時〜配布開始されます。

僕は大体、6時30分頃から整理券をもらうために並び始めました。

6時30分頃から並んで、このくらいの行列です笑

整理券の白い氣守りへの引き換え時間は午前8時〜17時まで

白い氣守りの整理券は7時〜配布開始されて、引き換え時間は17時までと記載されております。

実際の所、17時を過ぎるまで待ったわけではないのでわかりませんが、おそらく17時を過ぎてしまうと引き換えができないのかもしれません。

整理券をもらったらすぐ三峯神社参拝へ

整理券をもらったら、すぐに参拝へ向かうことをお勧めします。

この鳥居を抜けて、上に進んで左側の方に向かうと本殿に行けます。

向かうと、参拝する人と白い氣守を買う人の2つの列がありますが、

参拝する方の列に先に並ぶ

方が良いです。

理由は、白い氣守りを整理券と引き換えに買えるのは朝8時〜ということと、参拝のほうが時間がかかることと、白い氣守自体は買うために並んでいますが、スムーズなので流れが早く進みます。

逆に、参拝の方は人数も多く一人一人の参拝に時間がかかるため、なかなか進みません。

整理券を引き換えるまでの1時間を使って、先に参拝をするほうが時間を短縮できます。

お守りを買ってからだと、物凄く混みます。

時間をあまり気にしない人だったら良いかもしれませんが、僕は物凄く時間を気にするので、なるべく効率のいい方を選んだ結果です。

下記はお守りの写真です。

こんな感じの袋に入れて渡されます。

お守りの価格は、ジャスト2,000円です。

しっかりとした箱に入れられています。

人によって違うでしょうが、僕はデスクの角あたりに置いています。

三峰神社は他にも見どころが沢山ある

白い氣守と本殿を参拝するだけで満足してしまう人も多いですが、三峰神社は他にも見どころが沢山あります。

次の写真に何か見えますか?

突然辰年の年に、龍が浮かび上がってきたそうです。

伊勢神宮とか、その他の有名な神社などをお参りしたのと同じ事ができるスポットがあります。

この大きいのが、伊勢神宮ですね。

あと、個人的には次の写真のスポットが一番好きです。

はっきり言って、写真だと凄さが全く伝わりません。。。

それが残念で仕方ないのですが、実際にこの場所に行くと、景色の壮大さに圧倒されます。

ああ・・・自分はなんて小さい存在なんだ・・・

そんな風に思い知らされることでしょう。

あまりにも凄い景色なので、ほんとまじで、FFのCGの世界かと思うくらいです。

是非三峰神社に行くときは、この場所で素晴らしい山々の展望を見てきてください、

三峯神社に行くには徒歩とバイクと自転車が最強

朝4時に着いても、行列ができている三峯神社です。

午後になんて向かったら、とてつもない渋滞になっています。

ただ、何かしらの事情があって、午後にしか向かえない方もいるかもしれません。

その場合は車をどこかに停めて、徒歩か自転車で移動する、もしくはバイクで三峰神社に行くのがオススメです。

僕はお守りを買ったり参拝など一通りを終えて帰路に向かったわけですが、その時間が大体9時30分頃で早かったのですが、その時点で10km程の車の渋滞が山道を続いていました。

10kmは10,000mです。

車の全長が平均で5mとします。

実際にはそんな区切りが良い事はありませんが、5で割ってざっと見ても2000台は車が続いているという計算です。

1日にお守りの売れる数が5000個というような事を聞いたので、計算としては間違ってはないと思います。

駐車場を空くのを待っていると、後続の方の車は神社の駐車場に入るまでに長時間かかり、引き換えが17時までなので、最悪買えないという事もあるかもしれません。

でも駐車場に車を停めるために皆待っているだけなので、徒歩やバイクや自転車などで向かえば、当然ですが余裕で整理券を受け取る事ができます。

移動手段が無いという人はバスを利用される方も多いようですが、バスは本当にオススメできません。

バスも何台もありましたが、全部後ろの方で渋滞に巻き込まれて全然進めないというような感じでした。

バスを降りて、歩いて向かう人も多数いましたが、その場合は徒歩はおすすめできません。

先程、徒歩はオススメと書きましたが、それは距離が短い場合の話です。

2.2kmの位置から歩くのは別として、約10kmの山道の徒歩は流石にキツイと思います。

平坦ではなく、三峯神社までは登りですからね。。。

若い人でも登っていくのは大変なのに、お年寄りの方などでしたら更に大変でしょう。。。

なので、結論はバイクか自転車が一番良いと思います。

バイクも少数ですが走っていて、車の脇を抜けてスイスイ上に登っていました。

自転車だったら、人力であればロードバイクが軽くて良いですね。

当日も、ロードバイクに乗っている人がいましたよ。

ただしそれなりに斜度があるので、ホイールは鉄下駄ではなく、軽量ホイールが良いと思いますが。

それ以外は、電動アシスト自転車だと良いですね。

いくら白い氣守りのためとは言え、長い間待つという行為は肉体的にも精神的にもキツイものがあります。

どうしてもこの白いお守り「白い氣守り」をゲットしたい方の為に、この記事が参考になれば幸いです。

セミナー講師依頼について

全国どこでも、セミナー講師致します。詳しくは、下記セミナー講師についてのリンク先より御覧ください。

人生を一発大逆転させて最短で億万長者になる方法

人生を一発大逆転させて、爆発的に稼ぐのなら、僕は投資以外には今のところ思いつくものがありません。詳しくは下記記事を御覧ください。

宝くじなんて買ってる場合じゃねぇ!最短で億万長者になる方法

2017.06.07

SHINYA.公式LINE@

SHINYA.公式LINE@「自分の好きな事だけをして生きる」LINE通信はこちらからご登録お願い致します。
友だち追加
IDの場合は「@sef2576j」で検索してください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHINYA.

SHINYA.@金髪しゃちょー 高卒です。金髪です。でも、しゃちょーです。 可愛い娘がいます。人生毎日楽しくやってまーす。 たった一度きりの人生を、誰にも縛られず自由に生きるための情報発信をしていきます。