世の中のビジネスで売上を上げるには、多くの人に売るか単価を上げるかのどちらかしかない

スポンサーリンク

13445736385_9dca7a5d5c_z写真:Greengrocer’s / Martin Kenny

世の中にビジネスは沢山あると思うのですが、どのビジネスも同じことがあります。

それは、世の中のビジネスで売上を上げるには、多くの人に売るか単価を上げるかのどちらかしかないということです。

例えば、あなたが果物屋を経営しているとしています。

売上目標として月間100万円を目指すと決め、その時にメロンだけを売ってこの100万円を達成しようと考えました。

o0450045013119049289

あなたはメロンを1万円で売っています。

では何人に売れば良いのでしょうか?

って、単純に計算するとメロンが1万円なのだから100人に売れば良いことになりますね。

でもあなたは考えました。

「このメロンは他店では手に入れることができない独自のルートで仕入れた幻のメロンだから、1個5万円で売ろう!」

そうなると20人に販売できれば、この目標の100万円を達成できることになります。

いかがでしょうか?

1万円のメロン × 100人 = 100万円

5万円のメロン × 20人 = 100万円

どちらも同じことなんですよね。

実際には利益率や購買率とかいろいろな事が関わってくるので、こんな簡単にはいきませんが、基本はこういうことです。

そんなの当たり前のことじゃないか!と言う方いるかもしれませんが、このことをわかっていない人が本当に世の中には多い気がします。

すごく沢山の人に売っているのに、値段を安くしていて利益が薄く、労力ばかりかかっていて全然儲からないというのは正にこのことです。

◯◯◯万円稼ぎたい!とか言ってる割には、こういう事を全く考えていません。

もし売上目標があるなら、何をいくらで、どのくらいの人数に販売すれば良いか逆算できるじゃないですか。

同じメロンでも金額が違うだけで、こんなにも売れば良い人数に違いがありますからね。

とは言え、人によって得意不得意があると思うので、やりやすい方でやれば良いと思います。

1万円のものを100人に売るのか。

もしくは5万円のものを20人に売るのか。

商材によっては1個1個は単価が安くて利益が薄くても、数がものすごく売れるものもありますからね。

いかがだったでしょうか?

少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

SHINYA.公式LINE@

SHINYA.公式LINE@「自分の好きな事だけをして生きる」LINE通信はこちらからご登録お願い致します。
友だち追加
IDの場合は「@sef2576j」で検索してください。

2017年セミナー情報

2017年9月3日(日)に、秋田県秋田市主催のセミナーで講師をさせていただきます。セミナーの詳細がわかり次第、お知らせ致します。

人生を一発大逆転させて最短で億万長者になる方法

人生を一発大逆転させて、爆発的に稼ぐのなら、僕は投資以外には今のところ思いつくものがありません。詳しくは下記記事を御覧ください。

宝くじなんて買ってる場合じゃねぇ!最短で億万長者になる方法

2017.06.07

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHINYA.

SHINYA.@金髪しゃちょー 高卒です。金髪です。でも、しゃちょーです。 可愛い娘がいます。人生毎日楽しくやってまーす。 たった一度きりの人生を、誰にも縛られず自由に生きるための情報発信をしていきます。